糖尿病の合併症とリュウマチからくる疼痛のため、痛みで夜中に何度も目が覚めて眠れなかった、と話されていました患者様。

2019年11月7日に、培養した幹細胞を戻された、まさにその夜、痛みが和らいで、体の中の変化からでしょうか、朝までぐっすり休めた、と話されておりました。これからの変化をとても楽しみにされておられます。