2017年に多系統委縮症発症。2017年6月の時点での診断書では、脳幹および小脳の著しい低下による体幹失調、失調症発語と診断されています。2019.7.1に培養した幹細胞液を戻してからの記録をご紹介させて頂きます。

多系統萎縮症。幹細胞再生治療 約3ヶ月後(※2019.10.4記録)

症状が出た当時の診断書では、体幹失調や失調性発語と診断されています。ですが、幹細胞を投与してから3ヶ月後には、手で物に触れ、身体を少しでも支えていれば、歩けるようになっています。また、問題なく話ができるようになっています。

発症当時の診断書

多系統萎縮症。幹細胞再生治療 約3ヶ月後(※2019.10.15記録)

他人から「体調が良くなっている」と言われたり、実際に歩けるようになってきたことで、自分の変化を実感するようになったそうです。また、お化粧も楽しみたい気持ちが出てきたことを嬉しいそうにご報告して頂きました。

 

多系統萎縮症。幹細胞再生治療 約3ヶ月後の変化(※2019.10.15記録)

車いすの操作が自由にできるようになっています。さらに、机などの捕まるものがあれば、立つことができ、歩くこともできるようになっています。お手洗いも自分の力で行けるようにになったと、ご報告いただきました。

多系統萎縮症。幹細胞再生治療 約3ヶ月後の変化2(※2019.10.15記録)

手を持って支えてもらえれば、歩行ができるようになっています。